活用のメリット 10年後の日本農業を支えるために、様々な支援を行っています

地域に対する支援

地域集積協力金

地域の話し合いにより、担い手に農地を貸し付けるため、機構に農地を貸し付けた場合、地域内の全農地のうち機構に貸し付けた割合に応じた単価に、機構に貸し付けた面積を乗じた金額が市町村から交付されます。

個々の出し手に対する支援

経営転換協力金

経営転換やリタイアする農業者、農地の相続人で農業経営を行わない者については、機構に10年以上農地を貸し付けて、機構から担い手に貸し付けられた段階で、経営転換協力金が市町村から交付されます。

耕作者集積協力金

機構が借り受けている農地に隣接する農地等を、機構に10年以上農地を貸し付けて、機構から担い手に貸し付けられた段階で、耕作者集積協力金が市町村から交付されます。

ご相談窓口

各種協力金につきましては、交付要件がありますので、詳細は、市町村に相談してください。