事業の流れ 農用地の権利の動きをご案内します

農地中間管理事業の実施にあたっては、その業務の一部を市町村などに委託することになりますが、原則として全ての市町村(農業委員会を含む)に、その同意を得て業務委託するとともに、農用地利用配分計画案の作成を求めることを基本とします。
また、地域農業再生協議会、市町村公社、農業協同組合、土地改良区、民間企業などについては、その能力・実績などからみて、委託された業務を適切に行えると認められる場合に委託が可能となります。 愛知県農地中間管理機構は市町村とJA等に業務の一部を委託します。

【農用地利用配分計画作成の流れ図】農地中間管理機構、都道府県知事、農業委員会

農用地貸し借りの流れ

農地中間管理機構に農地を貸す場合および農地中間管理機構から農地を借りる場合の流れをご説明します。

機構に農地を貸す場合の流れ(概要) 農地所有者から農地貸付けの申し出 (受託者)貸付希望者リストの作成 (受託者)所有者との交渉(期間、賃料など) (機構)農用地賃貸借契約締結(機構)農用地利用集積計画申出 (機構)市町村農業委員会へ届け出(市町村)農用地利用集積計画の公告 (機構)農地中間管理権取得(農用地の権利移動)*受託者とは、機構からの委託を受けた市町村・JAです。

農地を貸す(出し手)について詳しくはこちら

機構に農地を借りる場合の流れ(概要) (機構)借受希望者を公募 (農地借受希望者)農用地等借受申込書の提出 (受託者)借受希望者リストの作成 (機構)借受希望者リストの公表 (受託者)事業規程(貸付先決定ルール)に基づき、受け手を選定 (市町村)農用地利用配分計画案を作成 (機構)農用地利用配分計画を決定 (機構)農用地利用配分計画を県へ許可申請(愛知県)農用地利用配分計画を縦覧 (愛知県)農用地利用配分計画を認可・市町村農業委員会へ通知 (愛知県)農用地利用配分計画を公告(農地の権利移動)*受託者とは、機構からの委託を受けた市町村・JAです。

農地を借りる(受け手)について詳しくはこちら